Sonnar T* 135mm F1.8 ZA を一ヶ月使ってみた。
a0035333_21221984.jpg


もう新レンズを買って一ヶ月になるので、レビューも今さらながら書いておこう。
APS-Cしか持ってないのでフルサイズのレビューは出来ませーん。

・画質とかボケ味とか
 一言で言うと「何も知らん人がテキトーにシャッター押しても何らかの絵になる」。

 一言で終わっちゃうと文章にならないのでウンチクっぽく書くと、
 F1.4とかF1.8の明るい単焦点レンズって
 「絞り開放で撮ると大概少し甘い描写になって、絞ると解像力が増す」
 と半ば常識のように思ってたけどこのレンズは違う。
 開放から十分すぎるくらいシャープで絞るともっとシャープ。
 F8あたりまで絞ると、画素と画素の間まで描きわける感じがするくらい緻密な描写になる。
 はっきり言ってα700の1200万画素じゃ全然レンズのポテンシャルを活かしきれてない。
 仮に画素が2倍になったとき、例えばキットレンズなどだと描写が破綻するかもしれないけど、
 少なくともこのレンズで描写が破綻することはなさそう。
 ボケ味は、見る人が見れば後ボケが多少うるさいらしい・・・。
 αにはSTFがあるからこーいう意見があるんだろうけど、α使いってのはなんて贅沢なんだよ。
 あと、自分は数年しかデジタル一眼レフを使った事がないので、
 いわゆる「ゾナー特有の写り」とか「カール・ツァイスは空気感まで・・・」とかそーいうのはわかりません。

・質感とか携帯性とか操作性とか
 レンズそのものはひたすら金属とガラスの塊。レンズフードすら金属。
 金属の質感がたまらないという人にはたまらない。
 そのぶん携帯性は犠牲になってる、というか携帯性とか一切考慮してない。びっくりするくらい重い。
 約1kgですぜ。キャノンで似たようなスペックのEF135mm F2L USMが750gってことを考えると頭おかしいレベル。
 操作性は、そもそも単焦点レンズなんでフォーカスリングしかない。
 まあフォーカスリミッターあるけどさ。使うかアレ。
 「目の悪い自分でもMFしてみよう」という気にさせるくらいには、フォーカスリングの操作性はよいですよ。
 インナーフォーカスなんでフォーカスによってレンズが伸び縮みはしない。
 クラッチ機構のおかげでピントリングは回らないとの触れ込みだけど、なぜかときどきピントリングが回る。
 そーいうものらしいという話がそこかしこに転がってるので、そーいうものだということにしておく。

・AF速度とか
 お世辞にも速くない。少なくとも70300Gより遅い。
 あとSSMじゃないのでAF音はわりとうるさい。
 ここは、改善できるなら改善して欲しい点だなあ。できればSSMにしてほしい。
 SSMにしたらAF速度が速くなるとは思ってないけど、静音になるのはメリット。
 このレンズで動画撮りたい人も居るはずで。

・まとめ
 αレンズの中ではいまんとこ頂点の一つと言っていいレベルで、
 確かにバカ高いけど、安レンズを何個も買って遠回りするくらいならこのレンズを一気に買ってしまったほうがいい。
 画角はAPS-Cだと202.5mmになって確かに使いづらい。
 けど、それでも無理やり撮ってやろうという気にさせてくれるのがこのレンズでもある。
 もちろん真価はフルサイズ(現行機種がα900しかないけど)で発揮されてるわけで、
 究極を求めるならα900とセット買いをお勧め。たぶん嫁さんには殺されるだろうけど。
[PR]
by zilzal999 | 2011-05-16 21:22 | デジカメ
<< レンズペンなるものを買った 最近馬ばっかりだからなあ。 >>