世界の控除率を比較する
よく「競馬の控除率高すぎ」という意見を目にします。


「控除率」とはなんなのか、という人もいると思うので、まずはそこからの話なんですが、
わかりやすく言うと、以下のような感じです。


-------------------------------------------------
馬券を100円買います。
すると、まず、JRAがそこから25円徴収します。
残りの75円を、馬券を的中した人で分け合います。
-------------------------------------------------


この「徴収された」率が「控除率」というものであり、俗に言う「テラ銭」というやつです。
なんで徴収するんだという話ですが、
早い話が「賭け事のために場所を貸してるんだから、場代取るよ」ということです。
その昔はお寺で賭け事をやってらしいところから「テラ銭」というようになったらしいです。


で、「控除率が高くなる = 分け前が少なくなる = オッズがきつくなる」という図式であり、
これを逆にすれば、「控除率が低くなる = 分け前が多くなる = オッズがゆるくなる」というわけです。



だから冒頭の意見が四六時中言われてるわけです。
それと同時に「諸外国は控除率低いだろ。それにあわせろ」という意見も目にします。



といっても、諸外国ってどこの国のことを言ってるんだろう、という疑問もあるわけです。
っていうか、ぶっちゃけこの人たちちゃんと比較して物言ってるんだろうか・・・?



ということで、諸外国と比較することにしてみました。
比較先は、競馬の発祥イギリス、現在最も競馬が盛んと思われるアメリカ、お隣韓国、そしてわれらが日本です。




結論から言います。
「日本に比べて高いケースも結構ありました」。
もちろん日本に比べて低いケースもたくさんありますが、
それは「単勝を比較した場合」なんでしょうね。




騙されちゃいかんと思いました。




では、結果いってみましょう。


--------------------------------------------------------------------------------
日本(JRA、NAR)の馬券控除率

まずはこれを知っておかないと比較にもなりませんよね。
ご存知の方も多いと思いますが、以下のようになっています。


単勝・複勝  20%(本来は25%だが、5%は給付金として払い戻しに還元するので実質20%)
その他    25%


--------------------------------------------------------------------------------
イギリス(Tote・国が売ってるところ)の馬券控除率

世界で一番ギャンブルが盛んと思われる国、イギリスです。
Tote社ってのはオッズがトータリゼータであり、早い話が日本と同じ方式です。
イギリス競馬では、馬券はToteと後述するブックメーカーで客を食い合ってます。


単勝(Win)      13.5%
複勝(Place)     18%
馬連(Dual Forecast) 29%
馬単(Exacta)     24%
6重複勝(Placepot)  27%
6重勝(Jackpot)    29%
4重勝(Quadpot)    29%
3連単(Trifecta)   29%
指定6重勝(Scoop6)  30%


先ごろ控除率が改正され、単勝はおそらく世界一控除率が低いです。
これはブックメーカーに対抗しているため、こうなっています。
イギリスは「何よりも単を買う」のですよ。本当に。連の10倍以上単が売れるらしいですよ。
ちなみに、馬連あたりを見ると日本より余裕で高いです。
馬単でもギリギリです。
夢馬券になればなるほど控除率は高いです。

イギリスでは単を買え。単を。

--------------------------------------------------------------------------------
イギリス(ブックメーカー)の馬券控除率(概算)

イギリスからはもうひとつ、そこらじゅうにあるブックメーカーです。

ブックメーカーに控除率云々は当てはまらないかもしれません。
なぜかというと、ブックメーカーのオッズは基本的には「馬券の売れ行き」とは無関係であり、
他ブックメーカーとの競争によってオッズが逐次変更されるからです。
ブックメーカーでは、ほとんど単勝しか売ってないとみていいです。
それを前提にしていろいろ計算すると、どのブックメーカーでもどのレースでも約17%前後となるんですが、
実はこれにギャンブル税というのが9%かかり、実質的には26%の控除率とみていいです。
意外とボッタクリ。

--------------------------------------------------------------------------------
アメリカの馬券控除率

州によって違います。
なんといっても、刑法ですら州によって違う国ですからね。
とりあえず主要っぽいところを。


カリフォルニア州(代表・サンタアニタパーク競馬場)
単勝・複勝 15.43%
連複・連単 20.18%
3連単    20.18%

ケンタッキー州(代表・チャーチルダウンズ競馬場)
単勝・複勝 16.00%
連複・連単 19.00%
3連単    19.00%

ニューヨーク州(代表・ベルモントパーク競馬場)
単勝・複勝 15.00%
連複・連単 20.00%
3連単    25.00%


さすが自由の国アメリカ。控除率は全体的に低めです。
でも、アメリカでも単を買っておいたほうがよさそうです。
っていうかニューヨークとかで3連単買っても日本と変わらないです。

--------------------------------------------------------------------------------
韓国(KRA)の馬券控除率

いや一回行ったことあるんで参考程度に。

単勝・複勝 20%
連複    28%
連単    30%

こちら、日本に比べて高くなっております。
ということは筆者は損したって事ですか。そうですか。

--------------------------------------------------------------------------------





しかし、控除率云々を語るにしても、
「当たらなきゃ意味ないだろ」
と思うのは気のせいでしょうか?
[PR]
by zilzal999 | 2004-11-05 10:22 | 競馬の話題
<< 11/5(金) 11/4(木) >>