2011年JRA CM "20th Century Boy"


毎年いろいろ言われるJRAのCMだけど、今年の"20th Century Boy"はすごいよかった。
いい意味で言えば昔ながらのファン、悪く言えば懐古主義者にとっては、
ある程度昔の映像込みでCM流しとけばそれだけで事足りるんだよね。
それだけで「あー、またあのときみたいなレースが見れるかもしれない・・・」なんて思いながら競馬場に行ったりするから。
このCMで使われてる安田記念、天皇賞・秋、ジャパンカップは生で見てたからなあ。
「常識は敵だ。」「天才はいる。悔しいが。」「群れに答えなどない。」「本当の敵は、諦めだ。」「神はいる。そう思った。」
誰だろうこのフレーズ考えたの。最高じゃんか。
「10完歩」のCMを復活させるとか、このあたりはちょっとJRAを見直した。
やればできるじゃんか。

・・・と思ったら一方ではジャパンワールドカップウマドンナみたいなコンテンツも本気で作りやがるし、
ここ最近のJRAはどこを向いて走ってるのかまるで意味不明。
いや面白いからいいけど。
# 一般的には世の中で酷評されてるキムタクのJRAのCMも俺は評価してる。おもろいから。
[PR]
by zilzal999 | 2011-12-12 10:06 | 競馬の話題
<< 12/24(土)の予想 皆既月食 >>