12/22(日)の予想
中山10R・有馬記念(芝2500m・GI)
◎オルフェーヴル
○ゴールドシップ
▲ダノンバラード
△トーセンジョーダン
△ウインバリアシオン

牝馬がいないので、オルフェーヴルはまともに走れば負けないとみた。
引退レース、格好つけてほしいなあ。みんなもそう思っているはず。
調子は絶好調なのかと言えばそうではないと思う。
そこにつけいる隙はあると思う。
ゴールドシップは金曜まで降り続いた雨は好材料。
いまの時計がかかる中山も好材料。
騎手が変わってブリンカー初。そのへんがどう出るか。
有馬という舞台で試すなよなあとは正直思う。
こちらも絶対の対抗馬ではない。同様につけいる隙はあるように思う。
ダノンバラードは中山なら走るし、似たような舞台の宝塚記念を2着してる。
2強に割って入れる可能性はあると思う。
トーセンジョーダンも天皇賞・秋の勝ち馬だしJCは早め抜け出そうとして3着に粘った。
別に東京が得意って話ではないので、この馬も2強に割って入れる可能性はあると思う。
ウインバリアシオンはいろいろあったけど3歳時にはオルフェーヴルに唯一迫った馬。
長期休養明けを叩いた効果は十分だと思う。
本来の力が戻ってきていれば、これまた2強に割って入れる可能性はあると思う。
◎から馬連。
[PR]
by zilzal999 | 2013-12-21 20:42 | 競馬の話題
<< オルフェーヴルのための有馬記念 11/10(日)の予想 >>