家に植えてたハーブが復活
去年の秋、家のベランダに植えたハーブがあった。
冬が近づいてきたので、

バジルは根こそぎ刈り取って適当に食べた。
ローズマリーは適当に刈り取って放置した。
ミントはそのままほったらかしにしておいた。
パセリもそのままほったらかしにしておいた。
ベルガモットは植えたときから枯れていた。(ひどい)

バジルはそもそも冬に枯れる運命なので仕方ないとして、
ローズマリーとミントとパセリは完全に成長が止まった。
ベルガモットに至っては地上部分が完全に枯れて消えうせ、目に見えるのは土だけになった。
いちいち水をあげるのも面倒で、気がついたとき(といっても2週間にいっぺんくらい)に水をやってた程度。
なんかダンボールとかも鉢の上に置かれてた時期があったりして管理状況としては最悪。
ハーブをちゃんと育ててる人からすると卒倒しかねない状況といっていいんじゃないかと。

そりゃあ冬になったら植物の成長が止まるのは理屈としてわかるし、
ミントとベルガモットは冬は地下茎で育つということは事前に調べて知っていたけど、
この管理状況で冬を越したところで次はないな、と確信を持って放っておいた。



ところが、4月になってローズマリーとミントとパセリが急成長してきた。
なんか刈り取っても刈り取っても生えてくる。
特にミントの成長度は本気ですさまじく、
同じプラントに植えているローズマリーが埋もれて見えなくなるんじゃないかって思うくらい。
実際、ローズマリーの下のほうが日当たりが悪くなって枯れてきたので、
ローズマリーはどっかに移転しなければかなり危ない状況。
ベルガモットの鉢も、土だけだったのにいつの間にか20cmくらいまでなんか生えてる。
ていうかホントにいつの間に生えてきたんですかアナタ。

ここ半年くらい土の入れ替えなんて行わず、かといって液体肥料なんてものもあげておらず、
やったことといえば水を適当にあげてただけ。
それでもこんなに成長するのか。相当な渋とさだなぁ。
ポトスを枯らした経験のある俺が言うのもなんだけど、これは枯れそうにもありません。
水やんなくても勝手に育ちそう。

そういえばハーブって雑草と変わりないんだっけ。
「雑草は根っこをとらない限り幾らでも生えてくる」ってのを身をもって体験した瞬間でした。
[PR]
by zilzal999 | 2006-05-15 13:08 | 日記のようなもの
<< cidaemon.exe コスモバルクが海外GI制覇 >>