svchost.exeがCPU使用率100%で張り付いてた
今日の朝、職場のPCを起動するとタイトルのような状況に。
すぐ終わるもんだろ、かと思って放っておいたら、1時間経っても100%から落ちることはなかった。
PCのファンとか全力で回ってるから周りに非常に迷惑だと思ったし、
そもそもCPUを凄い勢いで占有されてて仕事ができないので、
タスクマネージャから問題と思われるsvchost.exeを殺した。
仕事開始。
一件落着。

と思ったら。
「ZilさんところにIPMsg送れないんですけど」
・・・関連性はともかく、やっぱりSYSTEMが持ってるプロセスを殺したのはまずかったかね。
しょうがない再起動。
→svchost.exeがCPU使用率100%
→ファンうるせー
→プロセスKill
→やっぱりIPMsg送れないねー
→最初に戻る

何の嫌がらせだこれは。仕事にならないんだが。
とりあえずプロセスを殺した後で「svchost.exe」を検索すると、
公式サイトからなんか出てきましたよ。

自動更新を使用して、更新プログラムをスキャンする、
または Windows インストーラを使用するアプリケーションに更新プログラムを適用すると、Svchost.exe プロセスによる問題が発生する


速攻で修正プログラムダウンロード、インストール再起動。
もはや藁にもすがる思い。そして出た答えは


svchost.exe CPU使用率:100%


なめとんかMicrosoftー!!!
一通り頭の中でMicrosoftに対する呪いの言葉を並べた後で(口に出したら大変です)、
気を取り直して「svchost.exe」で検索しなおし。
すると、実用的な情報に出会うことができましたよ。

自動更新などでOfficeパッチが配布されると
svchosts.exeがおかしくなる不具合、修正プログラムあり?(KB927891) : 投稿 : HotFix Report BBS


要約すると、

原因:
Microsoft Windows インストーラ 3.1がなんか悪さしてるらしい

発動条件:
Microsoft Office 2003がインストールされてる
MSの月例パッチ公開日(毎月第2火曜日)になった

現象:
svchost.exeがCPU使用率100%に張り付く

回避方法:
1.コントロールパネル→管理ツール→サービスで、Automatic Updateのプロパティ開いて手動に設定、停止する
2.再起動する
3.Office UpdateにアクセスしてOfficeの更新
4.コントロールパネル→管理ツール→サービスで、Automatic Updateのプロパティ開いて自動に設定、開始する
5.再起動する
6.Microsoft UpdateにアクセスしてWindows他の更新
7.必要なら再起動

めんどくさい手順だけどこれが一番確実。
上記のBBSでこの手順を検証した人がいたし、それにならった俺も解決した。
Microsoftの修正プログラムについては、むしろ状況が悪化したという人までいた。
どうやら近いうちにMicrosoft UpdateがV7にあがるらしく、そのときにこの問題も解決するらしい。

・・・早くしてくださいお願いしますわ。
[PR]
by zilzal999 | 2007-05-09 14:59 | 日記のようなもの
<< キョウエイマーチが亡くなっただ... 芦毛っていうか白い馬をリクエス... >>