最狂のファンファーレ
ハリーさんのところで9歳ながらプロのドラマー4月にCDデビューというニュースに対する話題があって、
うお単純にすげえな俺音楽に対する知識全くないけど、と思いながら読んでたら

>日野皓正さん

という単語を目にした。

目にしたところで、とある出来事とそれに関する勘違いを思い出した。

この人、世間的にはすっごい有名な人のようで、紫綬褒章なんてのも貰ってる。
上記Wikipediaにも書いてあるように、1996年の有馬記念のファンファーレを吹いたことがある。
フライングかつ割とひどかったという話なのだけど、それはまあいいや。
実際聞いたことがあるわけでもないし。

翌年、つまり1997年の有馬記念。
もうこれは今でも伝説というか語り草とも言うべき有馬記念で。
レース内容じゃなくて本馬場入場とファンファーレだけどな。

関東のGIの本馬場入場といえば、
あのドラゴンクエストの中の人が作った、ほとんどドラゴンクエストそのままの入場行進曲が流れて超テンションがあがる。
しかしこの日は、なんかトランペット持った人が一人でよくわからん爆音かき鳴らして、
入場行進曲がかかる前からウィナーズサークルで狂っていらっしゃる。
で、競馬ではわりとよくある光景なのだけど、入場行進曲とかでかい音を聞くとパニックになる馬がいるので、
そーいう馬は入場行進曲が流れる前に馬場に入ってしまえ、というのがある。
この日は有力馬のエアグルーヴがまさにそうだったのだけど、
入場行進曲を避けたら爆音のトランペットという悲惨な状態で、エアグルーヴは当然パニックになった。
馬券買ってた人も当然パニックだったろう。

この方はファンファーレでもトランペットを吹いた。
入場行進曲に負けず劣らず、なおかつアレンジまで加えて他の演奏者と全くかみ合ってないという。
それはもう、不評もいいところだった。
実はようつべに動画があったりする。

で、このとき俺は現場に居たんだけど、場内アナウンスか何かで

日野皓正さんの云々・・・

とかいう言葉を聴いたはずなのであった。
その記憶と「有馬記念をぶち壊しにした」という悪しき評価とともに、
日野皓正という名前は俺の記憶に刻まれたのであった。

実は1997年のファンファーレを吹いたのは近藤等則であった。
というのを知ったのは数年後のことでした。
どこでどう間違ったんだろう。
[PR]
by zilzal999 | 2008-01-28 21:33 | 日記のようなもの
<< 乳揺れシミュレータ 1/27(日)の予想 >>