馬撮りでフラッシュは原則禁止!!!!
もう、タイトルのとおり。

JRAホースショーに行ってきたんだけど。
「馬が驚くからフラッシュを使うのはやめてくれ」と放送で繰り返し言ってるにもかかわらず、
競技中にフラッシュを炊く大馬鹿野郎がいる。
しかも障害の真正面とかで。
それで飛越に失敗とかしたりしたらどう責任を取るつもりなんだろう。
障害そのものはわりと壊れやすくできているけど、激突すれば当然怪我をするケースもあるし、
どんな理由にせよ障害飛越に失敗したら減点。この競技で減点てのは致命的。

コンパクトデジカメには絶対に発行禁止モードがあるので、
撮影する前には絶対に発行禁止モードにしておいてほしいし、
発行禁止モードなんて大抵のデジカメではボタン一発でできるはず。
それもできないような場合は写真撮るなと言いたい。

ちなみに、デジタル一眼レフ使いでフラッシュ炊いたなんてのは論外な。
他のデジタル一眼レフ使いにフルボッコにされても文句言えないと思った。
最近のデジタル一眼レフは、手振れしそうになったらフラッシュをオートポップアップさせるという
初心者向きのすばらしい機能をつけたのがあるけど、
今日みたいな曇り時々小雨みたいな天気だと、そもそも光が不足気味なのでその機能が思いっきり働く。
今日注意したおばさんはまさにそのパターンだったけど、
「馬が驚くからオートポップアップのフラッシュやめれ!」て注意したら
「えー、これで驚くんですか!?」とか言われた。

さっきから放送で言ってるだろうがお前の耳はどこについてるんだ!

と言いかけたけど
「次から気をつけてください。あと俺の目の前でフラッシュ禁止モードにして」
くらいでやめました。
幸運だったと思う。
あのタイミングで俺が言わなければ、カミさんの蹴りが側頭部に飛んでいただろう。
※カミさんは馬はじめ動物のことになると怖いです。

こんな馬鹿がいるから、ときどき肩身が狭い思いをするんだよな・・・。
[PR]
by zilzal999 | 2008-05-04 21:01 | 日記のようなもの
<< おとといは青葉賞見に行ってきた 5/4(日)の予想 >>