これはわりと競馬界的には大ニュースではないのか
War Emblem Now Breeding to Mares Daily | Bloodhorse.com

いろんな治療を試した結果、やっと他の牝馬にも興味が向くようになったらしい。
タイトルどおり、いまでは毎日牝馬の相手をしている、とのこと。
去年から今年にかけて、産駒がえらい活躍してるからなあ。
社台SSとしても本腰を入れて治療したほうがいいと判断したんだろうか。

さっぱりわからない人向け。
ウォーエンブレムて馬は、アメリカで2冠(日本で言うダービーも勝ってる)を制したくらいのかなり強い馬で、
現役引退後即日本に種牡馬としてやってきた種牡馬。
サンデーサイレンスという種牡馬がいなくなったあとということもあって、めちゃくちゃ期待されてた。
で、フタをあけたら牝馬を選り好みする(噂では小柄で栗毛の牝馬しか相手にしないらしい)という素晴らしすぎる性癖のために、
当然産駒数は少なく、そんな性癖では商売あがったりなので、プライベートでしか種付けできない状態になってた。
ホントかどうか知らないけど、おとりの牝馬(小柄で栗毛)で釣っておいて、
いざ種付けって時に本命にすりかえる・・・なんてこともやってたらしい。
最初は騙されてたけど、ばれてそれも通用しなくなった・・・なんて噂もあったなそういえば。


今年にいたってはいまだ一頭も種付けできてない、なんてことも聞いてたんだけど、
やればできるじゃないですかウォーエンブレム君!
来年になったら元に戻ってました、なんてことのないようにな。
[PR]
by zilzal999 | 2008-06-07 17:54 | 競馬の話題
<< 6/8(日)の予想 今年も梅の季節がやってまいりました >>