ダイワスカーレットが屈腱炎
ダイワスカーレット号がドバイ・ワールド・カップ出走回避


> 浅屈腱の左内側部分に炎症が見られました
> このような炎症の症例が珍しいため現段階では判りませんので


症例として珍しいとはいえ、いわゆる浅屈腱炎ってことだろう。
はーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ、と長いため息が出た。
まーたこのおっさんはやりやがったな、と。
ハードな調教で強い馬を作る、それがひいては馬の将来のためになる。
(特に牡馬は生きるためには種牡馬が一番だろう)
という考え方は理解できなくもないんだけどなあ。やりすぎで壊したら何にもならないよ。
パッと思いつくだけでもクロフネ、キングカメハメハ、タニノギムレットは同じように壊れたはずで。
ちょっと風当たりが強くなりそうな気配。
# タニノギムレットのときとか確か記者会見で「何度も同じことして・・・」とか謝罪してたよな・・・。


まあ、普通に考えたら引退だと思う。牝馬だし確実に後の生活が待ってるわけで。
最近カネヒキリが2年強休んで屈腱炎から見事に復活してるけど、
あの治療方法が今後確立されるとしても、アレはいまんところ例外とみていいし。
# ダート馬は種牡馬としてあんまり人気が出ないから、治療して競争に復帰って事も考えられるわけで。
# たとえばディープインパクトが同じ立場になったら即刻引退だろう。



ところで「屈腱炎」という言葉について、これはあんまり一般的な言葉ではないと思ってる。
そもそも競馬という世界そのものがわりとマニアな世界だってことは自覚してるつもりで、
マニアな世界の専門用語なんて一般的ではないだろう、という考え方ね。

俺のケータイは、「くっけ」まで入力すると、予測候補で「屈腱炎」がこともなげに出てきた。
PCですら「屈腱炎」は一発変換できないのに。
もちろん殊更に学習させたわけでもないし登録したわけでもない。
どうも初期段階で登録されていたっぽい。
ちなみに、「ふぇぶ」て入力したら「フェブラリーS」が予測候補に。ちゃんと半角のSまでついてきた。
「じゃぱ」て入力してみたらジャパンC、JC、JCD。
誰だよこの予測辞書作ったの。
[PR]
by zilzal999 | 2009-02-14 15:16 | 競馬の話題
<< 2/15(日)の予想 これはWii持ってる人全員やるべき >>