カテゴリ:女装( 1 )
女装
とりあえず最初に言っておかなければならないことがあります。





筆者は女装が趣味ではありません(キッパリ)







先日、筆者の連れに、筆者の前の会社での出来事について話していました。

そのとき、会社の忘年会の余興とかで女装云々ということを話したのが今回のきっかけです。



筆者は男なのでこの気持ちは全然わからないのですが、

どうやら女の人は(というか連れだけかもしれませんが)、



男の人に化粧とかしてみたい



という願望というかなんというか、そういうのが結構あるらしいです。

(本当かどうかは知りません)

そこに舞い込んだ女装云々の話。

流れ的に筆者が女装することに(泣)





ということで女装するにはまず衣装なんですが、

「普通に女の子の服を着ても面白くない」という連れのとんでもない意向から、

連れが知り合いの現役女子高生からセーラー服を借りてくることに。

建前上は「今度仮想パーティってのをやる予定なので、それでちょっと使うから貸して」なのですが、

よもやその女子高生も





実は筆者が着ることになってるとは夢にも思うまい(泣)





借りてきたセーラー服を持ち帰り、早速着ることに。

といっても、筆者にはまず着方がわかりません。

どう考えても腕とか通らないだろコレ、と思っていたのですが、

「無理やり着れば大丈夫」

とのことで、上半身については本当に半ば強引に着ました。

スカートについてはそのまま足を通すだけ・・・。



着た感想としては、腕とかすごい動かしづらい気がします。

なんか突っ張る気がしてなりません。きついスーツを着たような感じです。

スカート、無茶苦茶違和感ありです。空間があるので、どうにも気になって仕方がありません。

そして、何よりも











一線超えちまった。やっちまった・・・。











と思ったのは言うまでもありません。大事なものを失った気がしました。



ここからさらにウイッグをつけられ、化粧も薄め(?)にされて女装完了。

連れ曰く「化粧の乗りはいいほう」だそうです。

誉め言葉なのか、それともからかってるだけなのかわかりゃしません。



ここから連れがデジカメ持って撮影開始。

「ポーズをとれ」というので、レモン持ってなんとなくグラビアにありそうなポーズをとってみる。

ポーズをとったそばからバシバシ撮られていきます。

きっとこの画像は将来何かあった際の弱味として握っておくのでしょう。

「この写真ばら撒くぞ」などと言われたら筆者に抵抗の余地はありません。

非常に辛いです。



なんかいろいろポーズをこなしているうちに、俺ってもしかしてセーラー服似合ってんじゃねぇ?

などという錯覚が芽生え始めました。

そう、ここまでで筆者は鏡を一回も見てないのです。

それを抜きにしても、やはり「姿が変わった自分」というのは自分の目で確認しておきたいものです。

一通り撮影も終わったころ、連れが「鏡見てきなよー♪」なんて言うので、







さあ見るがいい!俺が女になった姿を!!


どうよ!!!







と言わんばかりに勢いよく鏡の前に立った瞬間、











激しく脱力  _| ̄|○











なんですかこの鏡に映ってる醜悪極まりない物体は。

ありえねぇ・・・。絶対ありえねぇ・・・!!!

筆者の今までの人生の中で、これほど鏡を見て後悔したことはないです。

そして、これからの筆者の人生においてもこれほどまでのレベルで

鏡を見て後悔することはおそらくないでしょう。

ないと信じたいです。絶対無い。あったら困る。


っていうか、そもそも脱力とかそういったようなレベルではないです。

「鏡よ鏡よ鏡さん、この世で一番醜いのはだぁれ♪」なんて聞いたら、

現在鏡に映っている物体が告げられることは100%間違いありません。

筆者がそんなように茫然自失となっているところ、不意に







ピンポーーーーン♪

















うおわっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(本気で狼狽)

















誰だよおい!!!!

っていうか誰であろうがこんな姿を見られたら、その瞬間から間違いなく人生の裏街道行きです。

対応を連れに任せ(誰であっても例外なく部屋には入れないよう)、筆者は風呂場に篭城。

どうやら電気料金の集金だったらしく、2~3分で事が済みました。

ただし、筆者には10分にも20分にも思えましたが。



こんな危険な格好してたらいくつ命が会っても足りないので、

電気屋さんが去った後は速攻でセーラー服を脱ぎ捨てました。

女装終了。







別に汚したわけでもなんでもないんですが、

セーラー服はクリーニングに出してから返したことを付け加えておきます。



クリーニング屋に出すのも取りに行くのも恥ずかしかったけど。



[PR]
by zilzal999 | 2004-07-12 12:30 | 女装