7/12(月)
本日はえらい体調が悪く、会社をお休みさせていただきました。



体調が悪い人がやることは寝ることだ、と個人的には思っているので、

一日中寝てました。

昼にブログを覗いて、更新方法とかを少し学んだのみ。

文章がたくさんUPされてるのですが、これは過去に会社の休み時間を利用して書いていたものを

HTML風味(決して本格的なHTMLではない)にしてUPしただけのものです。

ああ、あと洗濯とかしました。少しだけ。



同居人が会社から帰ってきて、掃除洗濯など何もしてないのを見て呆れ返ってました。

やっておくと言った筆者が悪いんだけれども。



同居人が帰ってきてから一緒に夕飯を食べて、掃除洗濯をこなしたのち、また寝ました。

明日も会社を休むわけにはいかないので、そのためにも早めに寝たわけですが、

同居人は「寝すぎ」と言ってらっしゃいました。



筆者もそう思います。



[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-13 12:08 | 日記のようなもの
女装
とりあえず最初に言っておかなければならないことがあります。





筆者は女装が趣味ではありません(キッパリ)







先日、筆者の連れに、筆者の前の会社での出来事について話していました。

そのとき、会社の忘年会の余興とかで女装云々ということを話したのが今回のきっかけです。



筆者は男なのでこの気持ちは全然わからないのですが、

どうやら女の人は(というか連れだけかもしれませんが)、



男の人に化粧とかしてみたい



という願望というかなんというか、そういうのが結構あるらしいです。

(本当かどうかは知りません)

そこに舞い込んだ女装云々の話。

流れ的に筆者が女装することに(泣)





ということで女装するにはまず衣装なんですが、

「普通に女の子の服を着ても面白くない」という連れのとんでもない意向から、

連れが知り合いの現役女子高生からセーラー服を借りてくることに。

建前上は「今度仮想パーティってのをやる予定なので、それでちょっと使うから貸して」なのですが、

よもやその女子高生も





実は筆者が着ることになってるとは夢にも思うまい(泣)





借りてきたセーラー服を持ち帰り、早速着ることに。

といっても、筆者にはまず着方がわかりません。

どう考えても腕とか通らないだろコレ、と思っていたのですが、

「無理やり着れば大丈夫」

とのことで、上半身については本当に半ば強引に着ました。

スカートについてはそのまま足を通すだけ・・・。



着た感想としては、腕とかすごい動かしづらい気がします。

なんか突っ張る気がしてなりません。きついスーツを着たような感じです。

スカート、無茶苦茶違和感ありです。空間があるので、どうにも気になって仕方がありません。

そして、何よりも











一線超えちまった。やっちまった・・・。











と思ったのは言うまでもありません。大事なものを失った気がしました。



ここからさらにウイッグをつけられ、化粧も薄め(?)にされて女装完了。

連れ曰く「化粧の乗りはいいほう」だそうです。

誉め言葉なのか、それともからかってるだけなのかわかりゃしません。



ここから連れがデジカメ持って撮影開始。

「ポーズをとれ」というので、レモン持ってなんとなくグラビアにありそうなポーズをとってみる。

ポーズをとったそばからバシバシ撮られていきます。

きっとこの画像は将来何かあった際の弱味として握っておくのでしょう。

「この写真ばら撒くぞ」などと言われたら筆者に抵抗の余地はありません。

非常に辛いです。



なんかいろいろポーズをこなしているうちに、俺ってもしかしてセーラー服似合ってんじゃねぇ?

などという錯覚が芽生え始めました。

そう、ここまでで筆者は鏡を一回も見てないのです。

それを抜きにしても、やはり「姿が変わった自分」というのは自分の目で確認しておきたいものです。

一通り撮影も終わったころ、連れが「鏡見てきなよー♪」なんて言うので、







さあ見るがいい!俺が女になった姿を!!


どうよ!!!







と言わんばかりに勢いよく鏡の前に立った瞬間、











激しく脱力  _| ̄|○











なんですかこの鏡に映ってる醜悪極まりない物体は。

ありえねぇ・・・。絶対ありえねぇ・・・!!!

筆者の今までの人生の中で、これほど鏡を見て後悔したことはないです。

そして、これからの筆者の人生においてもこれほどまでのレベルで

鏡を見て後悔することはおそらくないでしょう。

ないと信じたいです。絶対無い。あったら困る。


っていうか、そもそも脱力とかそういったようなレベルではないです。

「鏡よ鏡よ鏡さん、この世で一番醜いのはだぁれ♪」なんて聞いたら、

現在鏡に映っている物体が告げられることは100%間違いありません。

筆者がそんなように茫然自失となっているところ、不意に







ピンポーーーーン♪

















うおわっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(本気で狼狽)

















誰だよおい!!!!

っていうか誰であろうがこんな姿を見られたら、その瞬間から間違いなく人生の裏街道行きです。

対応を連れに任せ(誰であっても例外なく部屋には入れないよう)、筆者は風呂場に篭城。

どうやら電気料金の集金だったらしく、2~3分で事が済みました。

ただし、筆者には10分にも20分にも思えましたが。



こんな危険な格好してたらいくつ命が会っても足りないので、

電気屋さんが去った後は速攻でセーラー服を脱ぎ捨てました。

女装終了。







別に汚したわけでもなんでもないんですが、

セーラー服はクリーニングに出してから返したことを付け加えておきます。



クリーニング屋に出すのも取りに行くのも恥ずかしかったけど。



[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 12:30 | 女装
フェルマーの最終定理
<フェルマーの最終定理>

「Xの2乗+Yの2乗=Zの2乗」
中学生以上なら誰でも知ってると思われる、ピタゴラスの定理です。

「ピタゴラスの定理は、X,Y,Zがすべて3乗以上だと、絶対に成り立たない」
「私はこの解に驚くべき証明を持っているが、余白が狭すぎるからかけない」
と言ったのが、17世紀の数学者ピエール・ド・フェルマー。
この人、証明を出さないままそのまま死んじゃいました。
おかげさまでこの証明は3世紀以上もされておらず(というか誰も解けなかった)、
10年ほど前にワイルズという数学者がやっと証明を成し遂げました。
その物語です。

数学の話なので小難しいんだろう、と思いますが、意外とこの本は読めます。
ちなみに筆者は高校の頃数学は万年赤点状態でした。
13年セミや17年セミはなんで「13」とか「17」といった素数で羽化するのか?
そんな疑問にもこの本は数学的に一つの答えを示しています。

数学好きの人にはもちろんおすすめです。
[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 11:47 | 読書
シービスケット
<シービスケット>
世界恐慌前に実際にいた馬「シービスケット」と、その周辺の人物を描いた物語。

血統的にもあまり見るべきところも無く、競走馬としては安い値で買い叩かれたシービスケット。
アメリカンドリームを達成したが、子供を失いその後離婚で失意にくれるハワード。
リーディングを取ったこともあるが現在は減量苦などで成績下降の騎手ポラード。
腕は確かだが、人付き合いが上手くないためうだつが上がらない調教師スミス。

つまはじきにされた者同士が偶然という糸に導かれて、アメリカの最強馬にまで上り詰めるという物語です。
ちなみに、架空でもなんでもなく、全てが実際に起こったことです。

競馬ファンなら必見。
競馬というものがわからなくても、読む価値はあります。
[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 11:34 | 読書
7/11(日)
参議院選挙の日。



なぜか朝早く起きてしまったので、ひとっ風呂浴びて投票所へ。

Tシャツにチノパン、サンダルといういでたちで行ってまいりました。



筆者の住む地域の候補者の掲示板を拝見。

筆者には前々からかなり気になっている人がいました。

なぜかというと、





外見がどうにも志村けん(しかも一番怪しいと思われる時期)に似ている





からであり、これについては同居人も納得してくれています。



まあ、外見は志村けんでも経歴は立派なものであり、

とりあえずは候補者名を書く投票用紙にはこの方の名前を書かせていただきました。



投票所から帰るときに衝撃的な光景に出くわしました。

出くわしたというか、むしろ発見してしまった、気づいてしまった、のレベルなのですが、





どうやら筆者はTシャツを後ろ前反対に着ていたらしい





しかも気づいたのはあと2分もすれば家、という距離です。

投票所に行くには商店街を突っ切らなければいけないのですが、

往復ともTシャツ後ろ前、しかもデザイン上一発で後ろ前ってわかるような代物です。

さらに考えると、候補者名とか書いてる最中は後ろ前のTシャツが

これでもかといわんばかりに主張しまくっていたわけで。





というわけで、何事も無いはずだった選挙で、意味も無く恥をかいてきました。





まあ、そんなこともありましたが、実は今日のメインは参議院選挙ではなくて、

筆者の友達が和歌山からやってきていたのでその対応。

この友達、バーテンダーを生業としており、その大会に出場するために本日こっちまでやってきているのです。

今日の筆者の役目は、大会の観戦とその後の懇親会への出席です。

ちなみにこの大会、予選が600とちょっとで争われて決勝が24名。

数字を見ただけで分かるけど、決勝に残るだけで大変なことなのだそうです。



ということで会場まで観戦してきたわけですが、

バーテンダーってすげぇね。

酒一杯作るのにものすごい労力をかけてらっしゃる。

しかも単なるジュースや酒とは違って「テーマ」というのが重要らしい。

酒を作った後に「テーマに関するスピーチ」というコーナーまで設けられていました。

そして、それも審査基準に含まれてるというのが衝撃的でした。



当然筆者の友達もスピーチを行ったわけですが、その内容が、





いや、実は本大会の応募締切日が日本ダービー当日でして、

自分としては日本ダービーどうしても行きたかったんだけれども、

こちらの大会の方が重要と感じまして今年のダービーは捨てました。

そんな状況もあって、締め切りギリギリに作成した作品がこの決勝の場に残ってるというだけでも奇跡的です。



この作品自体ののコンセプトなんですが・・・(以下かなり真面目な内容)





といった内容で、あとで聞いた話ではどうやら

「筆者とかその他の競馬関係の友達の人の為に日本ダービーのことを言った」

らしいんですが、それはそれで嬉しいんですが、



まじめな大会でそんなこと言うのはやめとけ



と一応言っておきました。



彼には綺麗な奥さんがいらっしゃるのですが、奥さん曰く



原稿の下書き見た時点で優勝は諦めた



と言ってました。ごく普通の感想だと思います。

結果的に筆者の友達は5位。

あのスピーチが無ければ3位入賞くらいはいっていただろうと思わせる結果でした。



家に帰ってきてオールスター見ながら参議院選挙の速報をみました。

志村けん(外見)が一位通過というのを見て驚きました。

もっと知名度の高い候補とかいたんで・・・。

もしかしてあの外見は狙ってたんだろうか?





[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 11:09 | 日記のようなもの
筆者のプロフィールです。
気づいたことがあったら順次追加していきます。


<HN>
ブログ上「zilzal999」になってますが、本来は「Zil」というHNをそこらじゅうで使ってます。
ブログ上でもZilにしたいんだけどやりかたがわからない・・・。(やりはじめて2日の現状)

<誕生日>
4月3日。巨人の上原と同じ。(巨人ファンではないが)

<繋養先>
都内のどこかです。

<職業>
種牡馬

ならいいんですが、

つたないプログラマーです。

<趣味>
競馬。っていうか言わずともわかるわなぁ・・・。ブログで予想なんてしてるくらいだし。
あとはゲーム。一昔前はいわゆる「ゲーマー」でした。

<HNの由来>
お馬さんからです。詳細は以下のページをご覧ください。
http://csx.jp/~ahonoora/zilzal.html(直リンクは控えておきます)
競馬をやらない人にとっては何が何だかわからないと思います。
ちなみに、「Zilzal」という言葉の意味は、アラビア語だかヘブライ語だかで「地震」なんだそうです。
[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 10:28 | プロフィール
7/12(日)の予想
事後なんですが。

<函館11R・巴S(オープン)>
◎ヒマラヤンブルー
○シェルゲーム
▲モノポール
△チューニー
△アルスブランカ
△ユキノサンロイヤル

◎から馬連です。
[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 09:35 | 競馬の話題
最初に
馬房生活にようこそ。

ゆっくり楽しんでいっていただければ幸いです。



<<サイトマップらしきもの>>
●プロフィール
こんなもん見てもしょうがないかもしれませんが、筆者のプロフィールです。
つまんないです。

●競馬の話題
通常、土日に開催されている中央競馬の話題です。
もしかしたらメインコンテンツかもしれません。
ちなみに、筆者の予想の売りは「当たらないこと」です。
筆者の買い目をはずせば当たる確率がアップします。

●読書
読んだ本について軽く紹介などをしているところです。
そもそもあまり本を読まないのにこんなカテゴリを作る事自体(略

●軽~く日記など
筆者はそんなに波乱万丈な人生を送っているわけでは有りませんので、
そんなに面白くないとは思いますが日記です。
更新情報とかもここです。

●勝手にリンク
個人的によく行くサイトなどをリンクしてあります。
よろしければどうぞ。


●以下、つたない文章
不定期に身近に起こった出来事について文章でアップするところです。
本当に不定期です。
[PR]
# by zilzal999 | 2004-07-12 09:30